感度を育て、
自分の人生に主導権を

自分の感覚を信頼し、私の人生の選択は自分で決める

えみしが酵母との暮らしを通してたどり着いた「感度を醸す」というコト

6/20 10:00~12:00
6/29 13:00~15:00

カモス感度 1DAY講座 酵母と暮らして五感を養い自分へ還りこれからを味わう

酵母のお話しなのに、五感?人生?

なぜ?と思った方、
先ずはえみしの講座への想いを読んでみて下さい

 初めまして、えみしと申します。

『五感を研ぎ澄ます 酵母パン教室 おひまる』を 8 年間主宰し、
酵母というのを育てて暮らし始めてからは約 10 年。
昨年から長く温めていた

酵母との暮らしを通して

を皆さんにシェアしたいと思います。

酵母と長く一緒に暮らすことにより、
鈍くなった五感を取り戻していることに気づきました。

感覚が戻ると、感じるようになるので、
自分の目の、耳の、鼻の、肌の、舌の感覚を
信頼できるようになるのです。

人生は選択の連続です。

自分の感覚を信頼できるようになると、

周りや他人の情報に惑わさず
自分が中心で色々なことを
選べるようになります。


「いやいや、自分で選んでるよ。」
っていう方も多いかもしれません。

私も全部自分で選んできたつもりでしたし、実際はそうです。
でもその自分で選んだつもりの中に、

「お母さんがそうだった」
「育ってきた家ではこうだった」
「普通はこうでしょ」
「これをしたら周りに何か言われそう」

というのがあったのです。
これは自分が中心とはいえませんよね。

仕事に追われて、自分の時間がない。
好きな事ばっかりしてはいけない。
お金を稼ぐにはしんどいことや我慢が必要。
もしあなたが母なら、子どもがいたら、何もできない。
母である私がご飯をつくらないと。
子どもがいるから、夜は出かけられない。
子どもの為にやりたいこと我慢しないと。

など思っていませんか?
それは本当に自分の考えでしょうか?
親がそうだったから。周りがそうだから。
人に言われたから。普通はこうだから。ではないですか?

また、感覚が鈍いと自分を信頼できず

自分の人生に生きがいを感じない。
今や明日にわくわくや楽しみがない。
何かわからないけどモヤモヤする。
自分のことがわからない。
自分を変えてみたいけど、難しそう。
私には~みたいにできない。
周りの人が輝いてみえて、私なんて~

と感じたりします。

私はとっても感じていました。
独身時代はそんなに思うこともなかったのですが、
ちょうど人生のステージの変化する、結婚をして子供ができたくらいから。

私の感情をさらに付け加えるならば

子どもができて幸せなんだけど、どこか空虚。
やること多くて自分がどっかいっちゃった。
自分のことはいつのまにか後回し。
私何がやりたいんだろう。

急に母という立場に縛られて窮屈。
旦那は私の気持ちをわかってくれない。
なども感じていました。

でもそれは思い返せば、、、です。

酵母と暮らしていくうちに、
いつのまにかこれらのモヤモヤしたものと、
上手く付き合っていることに気づいたのです。

それらと上手く付き合うというのは、自分を信頼しているということ。
どうなっても大丈夫という根拠なき自信。


自分のことを信じれない、自信がない、など自己否定が強くなっている時は
五感が鈍っています。感度が悪くなっているのです。

感度が悪くなると、自分で感じれないから外の情報や周り、
今までの価値観に振り回されます。

さてさて一緒に暮らすと五感を取り戻せる酵母とは一体なんなんでしょう?
パン好きさん、醗酵に興味ある方、健康志向の方は知っているかもしれませんね。
なぜ酵母と暮らすことで五感を取り戻し、自分を信頼できるようになるのか。
その説明をするために、私、えみしのことを書かせてください。

兵庫県神戸市在住、2児の母です。
昨年末まで『五感を研ぎ澄ます 酵母パン教室 おひまる』を8年間主宰していました。
酵母というのを育てて暮らし始めてからは約10年になります。
酵母を育ててパンを焼き始めたきっかけは、子どものアレルギーとアトピーでした。
アトピーの話は語れば長くなるので割愛しますが、このおかげで色々なことが学べました。
そして妊娠中に自然療法やマクロビオティック・自然育児も学んでいたので、子どもが食べるように
なると手作りの身体にやさしい料理をせっせと作る日々。
パンはアレルギーもあるし、別に食べさせなくてもいいやと思っていたのですが、同じくらいの子が食べているのを見て泣いて食べたがるようになったので、この子でも食べれるパンを作ろうと本を頼りに焼き始めました。

その中でひときわ興味を惹いたのが『自家製酵母』といわれるものでした。
レーズンを水に入れただけでぷくぷく醗酵していくさまはとても可愛く、一気に夢中になりました。
酵母は生き物です。一緒に暮らしていくのは、本だけではとても難しく、毎日試行錯誤。
マニュアルはありません。レシピも参考程度。その日の酵母の気分次第。
自分の感覚でしていくしかありません。失敗も数多くしながらも、魅力に取りつかれ続けられました。
毎日酵母の様子を見て、音に耳を澄まし、香りを嗅ぎ、なめてみたり、生地の触り心地を感じ、醗酵のタイミングを見極め、出来たパンを味わう。
そんな目に見える(酵母エキスとレーズンやパン生地)と目に見えない(酵母菌)との暮らしの中で意識せずとも五感が養われてきました。
そして楽しんで酵母と付き合っていると、教えてほしいとの声が。
最初は友人のみのパン教室でした。
パン教室で最初は普通に自家製酵母の作り方やパンの作り方をシェアしていました。
酵母と暮らしていくのはとても不思議で楽しく、まるで子育てしているよう。
段々とゆったり素敵な時間を持つ楽しさもシェアするように。
そんな中、来てくれる生徒さん達の言葉で気になることが度々ありました。
「自分の感覚って何?」
「自分が信用できない。」
「何分とか何時間とか時間がきっちりわかってないと不安。」
「良い感じってどんな感じ?」
「いい香りって?」
という酵母とパンのことから広がり
「これといって何もしていないのに、忙しくて時間がない。」
「好きな事ばっかりしてたらダメだと思う。」
「自分は何もできることがない。」
「家族が旦那が反対しそう。」
「いいなぁ。えみしは好きな事をできて。」
とか色々。
こういった気になる言葉から、
「そういえば私もそんなこと思っていたな。」
と感じたり、
「あ!それ私もあるある!」というものがなぜかを知りたくなり潜在意識のことを学びました。
知れば知るほど、面白い!私たちが考えていると思っているのは脳のたったの3%!
後の97%は潜在意識といって、頑張っても考えても意識的には使えません。
そういう事がすっと心に入るにはまず、五感を養い感度を良くする必要があると確信しました。
なぜなら五感は潜在意識と繋がっているからです。
同時に酵母と暮らすことで五感を研ぎ澄ますことができると。
そしてそれをパン教室で届けたい!
それが『自家製酵母パン教室 おひまる』から
『五感を研ぎ澄ます 酵母パン教室 おひまる』のはじまり。

でもあくまでパン教室だから、パンを作りますよね。
それじゃあ、五感を使う、養うことを伝えるには時間が足りない。
それにだんだんジレンマを感じるようになりました。
そして思い切って昨年末でこれまでのパン教室をお休みして、酵母と暮らすことによって五感をきちんと感じる、研ぎ澄ますということを半年ほど構想を練っていました。
そうして生まれたのが“カモス感度”です。
『カモス』というのは、醸すこと。
意味は 麹(こうじ)に水を加えて、酒や醤油などをつくる。
という醗酵の時に使うほかにある物事、事態を作り出してゆく。もたらす。
その場に、ある雰囲気や状態を出現させる。
の意味があります。
感度が良い状態、五感を研ぎ澄ますときを一緒に共有しませんか?
五感とは≪嗅覚≫≪触覚≫≪視覚≫≪味覚≫≪聴覚≫

≪嗅覚≫≪触覚≫≪視覚≫≪味覚≫≪聴覚≫

普段生活していくうえで、実際はとても使っているはずなのだけど、あまり意識してない五感。
まずは感じることから。
感じるだけで、気持ちも体も軽くなります。

このカモス感度に参加すると

  • 自分と周りの人の笑顔が増えます。
  • パートナー、親、子供など大切な人との関係が良くなります。
  • 五感を意識して感じれるようになります。
  • その日から酵母と暮らすことができます。
  • 五感を育てる具体的な方法を知ることができます。
  • 毎日の楽しい時間が増えます。
  • たくましく生きる力が身につきます。
  • 発見する喜びを知ります。
  • 見方・解釈が変わり、現実が確実に変わります。
  • 潜在意識のしくみについて学べます。
  • 自分で選択し、面白く毎日を過ごせます。

もっと知りたい方、ぜひえみしに会いに来てください。
一緒に感度を醸していきましょう!

自分を生きる、自分の人生を冒険するのはあなたです。

開催日
  • 6月20日(木) 10:00~12:00
  • 6月29日 (土)13:00~15:00
会場
兵庫県神戸市三宮元町付近詳細はお申し込み後、お知らせします。
参加費
¥7,000yen LINE@登録でのお申込みで ¥5,000yen
※お申し込み後、paypalにてお支払いください。

line QR

友だち追加

LINE@登録後、「カモス」と送信してください。
専用フォームをお送りします。

LINE@登録せずに申し込む方はこちら

お申し込みはこちら

キャンセルポリシー

キャンセルされる場合は必ずこちらまでご連絡ください。
kamos.emishi@gmail.com
なお、キャンセルのご連絡無く当日無断欠席した場合は、今後のえみしが開催するセミナー等へのご参加をご遠慮いただくことがございます。

参加申込後は、1dayについては返金は受け付けません。
主催者の都合でセミナー中止または、悪天候で交通機関ストップの場合のみ、返金いたします。

特定商取引法に基づく表記

よくある質問

めんどくさがり屋でも酵母と一緒に暮らせますか?
はい!暮らせます。えみしも超めんどくさがり屋ですが暮らせています。最初、鈍感な時は失敗することも あるかもしれません。でもそれはこうしたらダメだったという経験が残るので、次に活かせます。そうして感覚 も養うことができるのです。
酵母とはそもそも何ですか?
目には見えない小さな生き物です。具体的には、5~10ミクロン(1ミクロンは1ミリの1/1000)の単細胞の微 生物で、空気中、土、水中、植物の葉・花、果実の表面や哺乳類・鳥類など自然界のあらゆるところに存在し ています。レーズン酵母は糖質を食べてアルコールと炭酸ガスに変えて排出して発酵させる性質を持っているの で、パンに使われることが多いです。
酵母はパンにしか使えないのですか?
そんなことはありません。お料理にも使えますし、そのまま飲むこともできます。詳しくはぜひ講座にいらしてください。
子供を連れて行っても大丈夫でしょうか?
申し訳ありませんが、お子様連れの参加はご遠慮ください。感覚と向き合うのに、ご自分との対話が必要で すし、何よりせっかく参加されるなら集中して受けていただきたいです。ご自分に時間をプレゼントする感覚で 参加していただけたらと思います。
酵母で感覚が育つなんて信じられません。本当でしょうか?
言葉だけでは信じられないかもしれません。でも想像してみてください。命と共にするのは、マニュアルだけでなく感覚がどうしても必要なのです。例えば、子供や動物、植物と暮らしたりなど。それをしっかりと意識して使うことによってより早く感覚が育ちます。
この講座は1回だけですか?
1回で体感してもらえるようにしています。ただ感覚を育てるには、環境がとても大切なので、7月からカモス感度の3ヶ月6回講座が始まります。こちらはこの1day講座を受講された方に優先的に案内します。
先に日程だけお知らせすると、
第1回 7月11日(木)
第2回 7月20日(土)
第3回 8月24日(土)
第4回 9月12日(木)
第5回 9月28日(土)
第6回10月10日(木)
です。

えみし

カモス感度 講師

1979年生まれ 兵庫県神戸市在住 五感を研ぎ澄ます 酵母パン教室 おひまる 8年間 主宰 運営 大地のオーダージュエリー DUNIA 代表 潜在数秘術®マスター RASファシリテーター
24歳の時、ケニアに半年在住経験。 その時にスラムに住んでいる人達がみんな輝く笑顔であることに驚き、物質や経済的な充実と幸福度は必ずしも比例しないということ を知る。現地の人のたくましく今にフォーカ スする生き方に感銘を受ける。
日本に戻り、ケニアでの経験から自然と共に 生きたいと、自然農法,ホメオパシー,東洋医学,自然療法,重ね煮調理法, マクロビオティックを学ぶ。
そして結婚、出産。 長男のアレルギーとアトピーをきっかけに、レーズンと水だけで育てる"レー ズン酵母"に出会う。酵母の神秘と魅力に取り憑かれ、独学でパンを焼く。試 行錯誤をしながら、30種類以上の乳製品卵白砂糖不使用のパンレシピができ る。周囲から要望があり、2010年~2018年の間"おひまるぱん"の教室と販 売を行う。不定期開催、なおかつ告知も不完全な状態ながら口コミとリピー トで教室はほぼ満席。
食で生き方が変化するも、それだけでは満たされない想いから潜在意識も学 ぶ。スピリチュアルや、引き寄せ、量子力学の本を多数読みながらも変わら ない現実に悩む。そして酵母との暮らしの中で感覚と潜在意識がリンクして いるということを経験。
毎日の暮らしの中で感覚の感度を上げ、自分に還る ことで人生が面白くなる"カモス感度" 開催。

  • facebook
  • instagram
  • blog